採用情報

保育士を目指した理由

幼稚園の頃、お世話になっていた恩師の影響が大変大きいです。

恩師とはずっと今でも交流があり、あこがれを持っていました。

私自身、元々子どものことが大好きだったことと、恩師と接していく中で、子どもと関わる仕事に興味が湧いてきたことで、保育科のある学校に進学しました。

入職のきっかけ

決め手は、職員の方々の温かさや人柄の良さです。短大在学中に、実習でせっつ遊育園にお世話になり、その時の職員の方々に非常に温かく接していただいたことや、園児たちも楽しそうにしていて、本当に良い遊育園だと心からそう感じました。

また試験の時には、「試験がんばってね」と職員の方から声をかけてもらい、面接で緊張しないように、温かい雰囲気を作ってもらえたのも決め手になりました。

仕事のやりがい

園児たちと何か些細なことでも、一緒に何かを達成した時が一番嬉しいです。

園児と行事ごとの制作を行うのは大変ですが、すごく楽しいですし、園児が以前はひとりでできなかったことが、ひとりでできるようになり、園児の成長を感じられた時は喜びと、自分もがんばろうという気持ちになります。

また自分が頑張っていると、全員がちゃんと褒めてくれる職場なので、自分のモチベーションアップにもつながっています。

仕事での辛かったこと

入職当初に、保護者との接し方に苦労したことです。

実はこう見えて私は人と話すのが苦手で、以前は保護者から話かけてくれないと仲良くなれませんでした。

しかし、今では「今日は~ですね」など挨拶を自ら率先してするようにして、保護者とのコミュニケーションが円滑になるように努力し、以前よりもスムーズに保護者の方と話ができるようになりました。

職場の雰囲気

職場には基本的に明るくてがんばり屋さんが多く、園全体が自然とみんながんばろうという雰囲気になります。

がんばった分だけ周りからしっかりと褒めてもらえ、自分にとってプラスになる評価をしてもらえるので、自分の成長が明確にわかる職場です。

職員同士の声掛けもしっかりできた、大変仲が良く風通しの良い職場だと私は思います。

就職活動中の学生へメッセージ

面白い遊びを色々知っている方は、得です。園児は「面白い先生」の後についていくので、打ち解けやすくなります。

基本的に子どもが好きという大前提は絶対ですが、仕事に対して前向きにがんばれる方や、元気で明るくにっこり笑えるような方をお待ちしています。

保護者とのコミュニケーションは多少は慣れてきたと思いますので、もし苦手な方は相談してください(笑)。

他のスタッフの声をきく

このページのトップへ戻る