採用情報

保育士を目指した理由

中学時の「職業体験」と高校時の「幼児教育コース」を専攻し、子どもと触れ合う環境に身を投じることで、少しずつ子どもが大好きになっていきました。

大学でも子どもに関係したことを学びたいと思い、迷わず保育科を専攻しました。そして実習を重ねる度に、保育士になりたいという気持ちが強くなりました。

入職のきっかけ

せっつ遊育園の面接時の園長先生の対応が非常によく、園長先生の人柄の良さに惹かれ入職を決意しました。 他の保育園にも園見学に行きましたが、説明も淡々としていて正直あまり印象に残らなかったので、余計に強く印象に残りました。

せっつ遊育園では、保育方針にも共感できたことと、職員の方々が温かく丁寧に迎え入れてくれたことがすごく印象深く、入職の決め手となりました。

仕事のやりがい

一番のやりがいは、園児の成長を日々実感できることです。

以前は、一人でできなかったことが何度もチャレンジして自分の力一人でできた時、まるで自分のことのように嬉しく思います。

また、行事のお遊戯で自分の動きを真似てできたり、私のことをちゃんと「先生」と呼んで、話しかけてくれたりすると、モチベーションが上がり仕事にも前向きに取り組めます。

仕事での辛かったこと

1歳児の保育がとても大変で、体力的にも精神的にも辛かったです。

1歳児は「怪我」や「噛み付き」が多い年頃なので、特に注意深く園児を見ています。

しかし、現場を見ているようでできていない時は、自身を責めていましたが、周りの先輩方の温かいサポートに日々助けられています。

職場の雰囲気

スケジュールに遅れがでたりして、大変な時はクラス外でも全員で協力し合い業務に取り組むなど、大変チームワークが良い職場だと思います。

職員の方々がそれぞれ明るい方が多く、フレンドリーで上下関係もなく、いつも職場全体が明るい雰囲気で業務に取り組んでいます。

就職活動中の学生へメッセージ

園児に対して叱る時には叱り、楽しく遊ぶ時は遊ぶなど仕事にメリハリがちゃんと付けられる方がいいと思いますし、基本的に元気ハツラツで、明るくてハキハキとした方にぜひ来ていただきたいです。

またピアノが多少苦手であっても、周りの先輩方の温かいサポートもありますので、大丈夫です。

ですが、安心せず学生時代にピアノ練習することをおすすめします。ちなみに、私はピアノが苦手です(笑)。

他のスタッフの声をきく

このページのトップへ戻る